プリウス

プリウスというと、世界初の量産ハイブリッドカーということができます。しかし登場した当時は、まだまだ沢山の問題を抱えていました。例えば、加速や上り坂など自動車に負担のかかる走行状況が続きますと、バッテリーの電力を使い果たしてしまい、動力性能が落ちてしまいました。まだ減速時に自然な感覚で減速されにくいという欠点もありました。しかし、2000年7月にマイナーチェンジを行った時にこれらの不具合は大きく改善されて行きました。それにしてもトヨタはなぜこのようなハイブリッドカーを世に送り出そうとしたのでしょうか。それは、トヨタが燃費性能を2倍にするという恐ろしいほどまでの大きな目標を立てたためです。そのためにハイブリットカーという考え方が出てきたようです。そしてそのためにトヨタは、様々な技術を駆使しながら、ハイブリッドカーを作り出し、燃費の向上を図っていったようです。そのような熱意と技術の結晶が生み出した車ということができるでしょう。オデッセイ 値引き 2014